無理なく転職、成り上がろう転職理由転職理由 年収不満@転職関連

無理なく転職、成り上がろう

転職理由で一番多いのが、現在の収入に対する不満です。gooが2005年に実施した「転職したいと思う理由」のアンケート結果でも「より多くの収入を得たい」が1位になっています。「やりがいのある仕事をしたい」、「新しいことにチャレンジしたい」が2位、3位と続きますが、もうひとつおもしろいデータがリクナビNEXTから発表されています。同じ2005年に集計されたもので、「退職理由のホンネランキング」として「上司との人間関係」が1位、2位が「給与が不満足」という結果です。


転職理由によって転職に成功するか、失敗するかが決まるとよく言われます。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。自分の能力を伸ばしてキャリアアップしたいと思う人は、それなりの心構えや準備をして転職しますから転職後のミスマッチが少なくなります。逆に不平・不満が引き金になる転職は現状から逃れたいあまり、転職することばかりにこだわって十分な準備期間を取らずに行動してしまい、転職後に後悔することがよくあるわけです。


転職者の満足度が高いという記事を転職支援サイトなどで見かけることがあります。しかし、あまり鵜呑みにすることは危険です。なぜなら、転職して後悔している人はアンケートに答えることには消極的であるため、調査結果にはあまり反映されないからです。このような集計データに安心感を持ち、転職できれば何とかなるという甘い考えを持つことは非常に危険です。自分の気持ちを整理し、現在抱えている問題が転職することによってしか解決できないものであるかどうかをしっかりと考えた上で、行動することが重要です。


仕事に就くということは、生活が安定するということです。足が地について働くことができなければ何事もうまくいきません。意に反する転職を繰り返す悪循環に陥ると生活の潤いがなくなってきます。転職に一歩踏み出す前に、頭の中にある転職理由が本当に妥当なものであるかどうか、今一度考え直してみてはいかがでしょうか。それでもなおかつ転職する気持ちに変わりがないのなら、前向きな転職理由に変わる様に心掛けることですね。


RSS関連リンク
転職理由は人それぞれに異なる・・・
転職理由は人それぞれに異なると思いますが、毎年圧倒的に多い理由が「給与に対する不満足」や「上司との人間関係がうまくいかない」あるいは「仕事のやりがいがない」などです。給与面に関する問題は生活に直結することなので、転職希望の理由に挙げる人 ...

転職 理由
結婚すると、キャラクタ名の後ろに○○の夫または○○の妻と表示されるようになる 1次、2次、3次の3段階にわかれており、特定の条件を満たすと転職できる。それぞれ1次転職では2種、2次転職では4種、3次転職では8種の職種の中から、転職する職業を自由に ...

転職 理由
求職者が挙げる転職理由には、まだ漠然としていることが多いものの、ご本人の仕事に対する考え方、キャリアの志向、お人柄など、今後の転職活動、キャリアプランを立てるうえで生かせるヒントがたくさん潜んでいます。 企業での採用面接においても、質問 ...


<<急性ストレス障害 朝青龍@転職とストレス無理なく転職、成り上がろうのトップへ転職 中小企業転職@転職ニュース>>

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo