週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

転職サイト

テレビのニュースをふと見ていたら

「名ばかり管理職の電話相談」受付というニュースを
していました。

私の友達も部長職についていますが、
まさに名ばかりの管理職で、
仕事は、一般職と同じ。

時間外勤務手当てをなくすために
管理職にしたって感じです。

中高年の転職は特に、この名ばかりの管理職にされて
会社にうまく利用されるのだけは
注意した方がいいですね。


同業のライバル会社の中途採用試験を受けたのが、
会社にバレて、降格処分になったら
法律的にどうなるんしょう?

行列のできる法律相談所でのお話です。

転職する上で、いまの会社にいながら
転職試験を受けるのは避けられないですよね。

でも、転職活動が会社にばれることもあります。

会社としては、在職中に、同業他社への転職活動は
許せないですよね。

でも、転職試験を受けただけで、
実際に転職試験に落ちたのに降格処分は違法かどうか?

行列のできる法律相談所で取り上げられていました。

弁護士の見解は?

驚きの判定・・・

4人中、3人が違法。

ということは、会社にいながらライバル会社の
転職試験を受けても、降格処分にならない
ということですかね。

ただ、勤務時間中に転職活動や、
企業秘密をしゃべったりするのはだめです。

北村弁護士は、違法ではないとの見解。

ライバル会社への転職活動で降格するのは
違法ではない。

他社への転職活動は慎重にしましょう。

転職サイト求人情報を見てみると、どの会社の求人も大変詳しく書いてあります。

新聞広告やフリーペーパーなどの求人広告は、狭いスペースに採用情報を載せているので、知りたいことの半分も知ることはできません。

転職サイトの求人情報なら、求人広告を出している会社の採用に関する情報や会社の内部情報などがたくさん載っています。

気になる給料なども詳しく明確に書いてありますし、仕事内容は細かい部分も具体的に書いてある会社が多いですよ。

中には実名で先輩社員が多数登場し、仕事の様子からアフターファイブやウィークエンドのこと、趣味なども紹介されていて、「この会社、楽しそうだな!」なんて感じの求人情報もあります。

また、先輩からの暖かいお誘いメッセージや、採用・面接担当者からのインフォメーション、仕事開始からランチ、アフターファイブまでの流れなども載っていたりします。

チャレンジキーワードとして「この仕事のキーワードはこれです!」なんて紹介されていて、その会社で働くイメージも沸きやすくなりますね。

「人に感謝される仕事」なんてキーワードはいいですよ。

転職サイト関西版で検索をいろいろとしてみます。

今回は職種の中でも、どのジャンルにも分類されていない「その他」というお仕事が気になって見てみました。

さすがに転職サイト関西版には「その他」の求人は少なく、今回検索したらたったの6件でした。

さてどんな求人かというと、

■シューズショップの一般事務、デザイナー、営業、出荷業務

■書類確認スタッフ

■商品の梱包や発送なども手掛ける事務業務

■手書き電子カルテのインストラクター

■マンションのコンシェルジュマネージャー

■生産管理スタッフ

といった求人でした。

何となく他の職種に分類できそうな求人もありますし、「こりゃ確かにその他の求人だな」というのも転職サイト関西版にはありますね。

「手書き電子カルテのインストラクター」や「マンションのコンシェルジュマネージャー」なんて、転職サイト関西版でダイレクトに検索するようなお仕事ではなさそうです。あえて「その他」欄を見ないと出てこない気がしますが、採用側もそこを狙っての「ニッチ戦略」でしょうか?

私も時々、面白いお仕事探しをしてみようということで、「その他」をクリックしています。転職サイト関西版よりも転職サイト関東版の方に多いですね。
転職サイトのサイトに出ている求人
全国で1000件以上。

どの企業の求人広告を見ても、転職サイトのメンバーに
とっては魅力的な内容が多いです。

転職サイトの求人情報は、広告主=採用する企業の担当者が責任を
持って提供している内容です。

転職サイトは企業チェックに厳しい会社ですので、
たとえ多額の広告費を払ってくれるとしても、
企業内容や求人内容に問題のある企業の採用情報は掲載しません。

その点では、転職サイトの求人情報は比較的安心といえるでしょう。

とは言え、知名度の低い企業とか、あまり人気のない
業種・職種の採用だと、何とか応募者を集めるために
「おいしい話」をたくさん情報として載せる場合があります。

転職サイト側としては、広告主である企業に対して、
正確で詳しい採用情報を提供してもらえるよう強くお願いをしています。
ただ、強制力はありませんから、転職サイトのサイトにも
「求人内容の全てを保証するものではありません。」と書いてありました。

転職サイトに載っていた求人情報については、
もしその企業を受けるのであれば、
必ずご自分でしっかりと内容確認することをおすすめします。

転職サイトの求人でもし問題があった場合は
「転職サイト求人情報トラブルホットライン」へ連絡して方が
いいですね。
転職サイトを利用して転職するための
コツを紹介します。

1)毎日のチェックがおすすめ

転職サイトは転職情報などがほぼ毎日更新されています。



転職情報も生ものですから、昨日見た時になかったお仕事が
今朝紹介されていたなんてこともたくさんあります。

また、転職情報以外にも転職サイトからのお役立ち情報が
多数掲載されているので、「転職サイト、1日1回チェック!」を
習慣にした方がベターです。

2)会員登録が便利

転職サイトに会員登録すると、便利な機能がいろいろと使えます。
自分の条件に合った転職情報をダイレクトに検索できたり、
ネット上から転職希望先へ応募できたり、
応募シートという履歴書・職務経歴書代わりの書類が作れたり、
無料適職診断が受けられたりします。

あなたの転職・キャリアアップを専任スタッフがサポートします!


3)条件を変えて転職情報を検索しよう

転職サイトの会員機能の中に「転職希望条件を登録して検索する」という
機能があります。
この機能では、転職したい方の希望条件を設定できます。

せっかくですからこの機能を使って、
まったく違うタイプの検索をすると違った観点から
転職先をリサーチできます。

「今までと同じ条件」「今より良い条件」「今と全く違う仕事や条件」など、
設定をいろいろ変えてみると面白い転職情報が
ゲットできる可能があるかも。

転職サイト求人情報の中でも
数の多い職種を紹介しましょう。

転職サイトの評判も会社によって色々ですので、
チェックが必要です。

転職サイトの評判です。

オフィスワーク系では断然「一般事務」が多いです。

続いて「受付・電話受付」「総務系」「経理系」の順です。

営業・販売系だと「アパレル系販売職」が一番多く、
続いて「営業・企画営業・カウンターセールス」となります。
「営業アシスタント」や「店長候補」の求人も良く見かけます。

転職サイトにはクリエイティブ・専門系はそれほど求人が多くなく、
その中では「編集」や「デザイナー」「ファッション関連のバイヤー等」が
目立ちます。この系列は比較的待遇がいいですね。

サービス系は圧倒的に「美容師・理容師」が多いです。
続いて「ホテル・ブライダル・旅行関連」「エステティシャン」となっています。

転職サイトで最近とても求人数が増えているのが、
医療・福祉・介護系です。転職サイトに限らず、全国的に人手不足の分野です。

「歯科衛生士」「歯科助手」「看護士」「薬剤師」の求人が多いです。
「医療事務」もこの分野にありますが、やはり<求人数は多いですね。

転職サイトではここ最近、「美容」「ファッション」
「医療」の3分野についてはそれぞれ専門サイトができている
ところも多いです。
それだけこの分野から転職サイトへの求人が増えているというわけです。

転職サイト おすすめ
おすすめの転職サイトは色々あります。

転職サイトの求人はいろいろな検索の仕方があります。

1)職種から探す

オフィスワーク、営業、販売、専門職などたくさんの職種の中から、
やってみたい・興味がある職種を選んで検索します。

2)キーワードから探す

「好きなものに関わりたい」「人に感謝される仕事がしたい」
「英語が使える仕事をしたい」「専門知識や技術を磨きたい」など、
じぶんがこうなりたい、こうしたいというキーワードから検索します。

3)詳しく条件を指定して探す

給与や年齢、雇用形態、職種、勤務地、会社のタイプなどを詳細に
指定して検索します。

転職サイト求人検索のそれぞれの検索条件には、
そこから検索される求人数も出ていますので、
ある程度どのくらいの数があるかがひと目でわかります。

検索条件が少ないと出てくる求人数が多くなりますし、
あまり条件を付け過ぎると検索に引っかかる求人はとても少なくなります。

転職サイトにメンバー登録してマイページにログインすると、
自分の検索条件を登録でき、トップページからダイレクトで
条件に合った求人へアクセスできます。
転職したくなりました。

私は30歳で1度転職経験があり、
賃金も倍増し、まあいい転職をしたと思います。

転職して10年これと言った大きな不満もなく
仕事もやりがいもあって楽しくやってきました。

が・・・・

人事異動で一番に行きたくない部署に配属になったのです。

まあ、基本的に少々のきついことは耐えることができる
我慢強いタイプですが、
なんか仕事や会社の将来に魅力を感じなくなって
しまったのです。

40歳代からの転職はほんと慎重にしないと
女房子供が路頭に迷うので今すぐ転職したいまでは
行きませんが、なんか組織に疲れました。

今の会社は賃金がいいので辞めて転職するのは
かなりの勇気が必要です。

転職よりも独立起業をしたいのですが、
まだまだスキルが足りません。

もちろん資金もないし。

まあ、転職するにせよ、独立するにせよ、
実録としてまたUPします。

それより、私とほぼ同世代の亀田父、
亀田史郎氏は42歳で職を辞しましたが、
今後転職活動するのでしょうか?
ちょっと気になります。
転職 履歴書について

転職で何よりも大事なのが履歴書。

転職面接の前に、履歴書で不採用になり場合も
ありますので、転職の履歴書はより慎重に
書いた方がいいです。

今回の情報はこちら!(^^)


アピカ 転職者用 履歴書用紙 B5(見開きB4)【SY27】[定]
商品価格:115円
レビュー平均:5.0
〈転職版〉そのまま使える履歴書記入例250と面接回答例161
商品価格:1,365円
レビュー平均:4.5
コクヨ 履歴書用紙(多枚数)転職用 B5[シン-56]
商品価格:210円
レビュー平均:1.0

転職時の源泉
ただ、さすがに何か働こうと、途中約3ヶ月間ほど働いてますが、期間が短いということと、正社員ではないので履歴書には書かず、面接時も「働いていません。。。」と伝えてます。 それでも縁があって内定を頂きました。 今回の転職で人事から前職の源...(続きを読む)


転職時の源泉
今回の転職までに1年弱かかってますが、失業保険と退職金がありましたので、本当にやりたい仕事をさがしてました。 ただ、さすがに何か働こうと、途中約3ヶ月間ほど働いてますが、期間が短いということと、正社員ではないので履歴書には書かず、面接時 ...(続きを読む)


【50%OFF!送料無料】プロパック ドッグフードラムミール&ライス 22.5 ...
空き時間を利用してバイトができ一般のアルバイトより高自給!履歴書不要で長期から短期まで安心して働けます。 女性の願いを叶えるための転職支援サービス「フォーダブル」 あたなの希望の職業がきっとみつかる!無料登録で転職をサポートしています! ...(続きを読む)




スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
メルマガ


転職メルマガはこちら
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo