週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

転職 面接

転職の面接について

またまた取引先の話で恐縮です。

先日、ある会社の社長と話してたら
中途採用で30代の営業マンを入れていました。

その社長の話によると、中途採用で社員をとる場合
面接や筆記試験をしても、本人がどういう人間かは
なかなか分からないということで、
公募での中途採用、転職者募集はしなかったそうです。

確かに一理ありますよね。
せっかく採用しても使い物にならない人間だったら
即戦力として採用した意味がないですから。


この会社が採用した方法は、口コミ。
男性、女性かかわらずリサーチしてたそうです。

様々な業界に情報を張り巡らせて
他の会社で良くできる営業マンがいると聞けば
さりげなく、その会社やライバル会社にリサーチして
いたらしい。

で、退職しそうな情報が入れば、
さりげなく声をかける作戦だったみたいです。

転職する場合、どこで誰が評価しているか
分からないので今勤務している会社で
一生懸命結果を残すのも大事ですよね。


転職時の面接は、筆記試験よりもかなり緊張しますし、
採用時に重大なポイントとなります。

私も、転職の時、面接が一番緊張しました。

1次、2次と面接が進んでいけば、
面接官もだんだん役員に近づいてきます。

質問内容も、
・なぜ今いる会社を辞めるのですか?
・うちに入って今のスキルをどう活かしますか?
・誰にも負けない仕事の分野は何ですか?

など、即戦力が欲しい訳ですから
具体的な質問が次々面接官から出てきました。

今、思うと飾らずに本当の事を心から
訴えたのがいいと思います。

採用担当者も、すでに様々人たちを見ている訳ですから
ウソや演技はすぐ転職面接時はバレると思います。

転職面接必勝法
転職時の面接について

私が転職時の面接の体験ですが、
新卒の面接と違って会社の採用担当者は
基本的に本音をしゃべっているかどうか
すぐ見抜くので注意しましょう。

特に、以前勤めていた会社をなぜ辞めたか?

などは必ず聞かれますので、
パーフェクトな答えを用意しておくのがベターです。


転職面接の突破の方法

20代で転職される方も40歳代から転職される方まで
転職での面接は大事になってきます。

転職面接では、質問力が大切になってきます。

転職面接の基本的な質問力について紹介します。

■IR情報は、よく見てから面接会場へ
上場企業では、IRをすることが義務付けられているので、
IR情報が一般に公開されているのです。
必ず経理財務、経営企画、金融関連の方は目を通して行きますが、
ほとんどの方が他の職種に目を向けません。
しかしながら、その目をあまり通さないIR情報にこそ、会社の戦略や業績または、
その背景などマーケットについてのポイントがたくさん書かれているところです。
ですので、そこから質問をすると印象深くなるでしょう。

■転職の面接なので中途採用で入社し、活躍されるタイプを具体的に聞いてみる
この質問をすることによって、あなたのやる気を見せ、なおかつあなたに
とって大変大切なこと。
その会社に最近入社し、活躍していくタイプやパターンを把握することで、
その会社に欲しい人のイメージも膨らむはず。
そのタイプが自分に近いと思えば、面接時にその類似点の話をしてみるのも
手でしょう。

■自分はその企業から見てどういった印象だったのか?を質問をしてみる
この質問は、第二新卒の人または、面接があまり良くできなかったと思う人に
効果的です。
この質問をすることで客観的に自分がどんな風に見られているのかを知り、
今後の自己研鑽に結び付けたいと言い、自分の成長意欲をアピールします。
それにあなたにとっても、面接官に厳しくいってもらったほうが
今後の成長につながるはずです。

■面接官がこの会社に入った志望動機をきく
面接官の人もそもそもは、中途または新卒でその会社に入社したはずです。
それを逆にこちらから聞いてみる。
面接官も自分のことを話すので回答がリアルになるのがほとんどです。
そこから会社の話にはずむこともあります。
しかしながらあくまで面接中なので、質問ばかりしてしまっては、
違和感があります。
質問をたくさんすることや、ひとつの話題を広く聞くことができるのは、
あなたの一つのスキルでもあります。
そして何よりその会社に対して情熱があることをアピールできるのです。
これは面接のときに限らず営業する時も同じでしょう。


オススメ本

「就活力」
企業が求める5つの力50の行動

内定獲得の背景には、こんな力学が働いていた。
従来のマニュアル本ではわからない、就活の本質がいま、
解き明かされる。
テクニックもノウハウも不要、就活に王道あり!
就職率95%のヒントが満載。




第1章 相手意識の10の習慣(相手に迷惑がかからないように配慮した
    行動をとる/話や意見を聞いて理解したら行動に移す ほか)
第2章 社会と自分を知る(新卒と第二新卒を取り巻く採用環境
    /社会の変化 ほか)
第3章 企業が求める5つの力(企画力/質問力 ほか)
第4章 企業が求める50の行動(時間の読みは厳しく!就職活動は諦めないのが
    肝心/就職活動も転職活動も日頃の地道な努力がものをいう。
    受験勉強のような追い込みはきかない ほか)
第5章 実践・面接試験(面接官の「記憶」に残る/面接官は「素」を見たい
    ほか)


転職の面接は、転職活動において重要の意味合いがあります。

私も転職経験がありますが、転職面接は
本当に大事です。

採用後数年経って、人事担当者と飲む機会が
あった時に、

「なぜ私が採用されたのですか?」と
聞いたところ

「面接の時の受け答えが良かった。」

といわれました。

今思うと、ちゃんと転職理由を答え、
なぜ、今いる会社を辞めて転職するのか?
という質問にも自分の言葉で語ったのが
良かったみたいです。

私も、転職後、採用面接をしたことが
ありますが、だいたい面接で採用したい人間は
分かりますね。
他の面接官もほぼ同じ人間に高得点を与えていました。

面接官の本音を知りたい方は
「面接で落とされる人はコレだ!人事面接官が語る本音」という
特集がライブドアニュースでありましたので、
参考にしてみてください。

思わず採用した自己PR、大幅減点の態度、必ず尋ねるマル秘質問

など人事面接官の対談方式で紹介しています。

http://news.livedoor.com/article/detail/3390535/
転職者のための面接テクニック
商品価格:1,365円
レビュー平均:4.0
面接の達人(2007 転職問題集/自己分析)
商品価格:2,100円
レビュー平均:5.0

転職情報の紹介です。
転職は色々転職関連の情報をゲットして
失敗しない転職活動をしましょう。
今回の転職お役立ち情報はこちら!

だらしない人
インターネットコム
転職活動に入っても、Mさんの『だらしない男』ぶりは大いに発揮され続けた。約束の時間に遅刻するのは朝飯前、寝坊で面接をすっぽかし、裸足・サンダル姿でセミナーに登場、役員面接でアルコール臭い息をしていたこともあった。 「退職期間が長くなれば、不利になる一方 ...(続きを読む)


3億の男
インターネットコム
Sさんはモヤモヤした気持ちの解決策として、転職を思い立ったのだった。 我々の目からみると、転職市場でのSさんの評価は決して低くない。各社が採用を控えているなかで無事に就職を果たし、4年超の実務経験がある。新卒の兄貴分として指導に当たれる層は各社で不足して ...(続きを読む)


【ビジネスマナー診断ツール公開】最低ラインは60点!?あなたのビジネスマナーは何点ですか?
News2UNet (プレスリリース)
転職をお考えの方もぜひ、履歴書の制作や面接を受けられる前にお試しください。正しいと思い込んでいたビジネスマナーの、意外な間違いも見つかるかもしれません。 首都圏・関西圏・東海圏を中心に8万人を超える求人情報から、転職に関する様々な情報をご提供する転職総合 ...(続きを読む)



転職したら給料が下がるの?
某転職支援サイトに登録して大手企業に面接とか行って内定を貰ったまではいいものの、詳しく話を聞くと、どうやら給料が大幅に下がるらしい。 今は年400くらい。下流の仕事。 それが上流の仕事になるんだが、月に40時間の残業を含んでも月20そこそこ。21 ...(続きを読む)


面接の時のスーツの色(転職)
営業マンがよく着ている黒(ストライプ)よりも濃紺でいくべきでしょうか?どうぞよろしくお願いします。(続きを読む)


[転職]転職したら給料が下がるかどうかはケースバイケース
某転職支援サイトに登録して大手企業に面接とか行って内定を貰ったまではいいものの、詳しく話を聞くと、どうやら給料が大幅に下がるらしい。 (中略) 転職経験がないんだけど、転職ってそういうものなの? 経験豊富なわけじゃないけど((転職や禁煙なんかの ...(続きを読む)




転職関連 おすすめ本

「採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き」

●「面接」に関する本は、新卒者向けのものがほとんど。
しかし、新卒者と転職者の面接では、その流れや質問、
雰囲気がまったく違う。

●本書は、15分前後の短時間で採否が決定してしまう
「転職面接」の実態を明らかにした上で、面接を受ける際の基本ノウハウから、
よくある面接の質問の例や志望職種別の質問の狙い、
答え方までを具体的に教える。

●見開き1テーマの構成で、こんなときどうするか?
こういう質問の意図は何か?会社に確認したい質問は
どうすればいいか?などもわかる。

採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き
小島 美津子
日本実業出版社 (2003/09)
売り上げランキング: 3058
おすすめ度の平均: 5.0
5 面接時における様々な疑問を解決
5 この本おかげです!
5 転職で採用されるのは優秀な人ではなく、求人企業のニーズに合致した人


<目次>

第1章 転職面接の実情―新卒者採用時の「就職面接」とは大違い
第2章 面接の基本マナーと常識―本番前に落とされる応募者もいる
第3章 転職面接の質疑応答―受け身一方の応答から脱却しよう
第4章 どう答える?よく聞かれる質問―定番質問のツボは事前に押さえておこう
第5章 どう答える?職種に応じた質問―職種別必勝フレーズの鍵は具体性にある
第6章 どう答える?ハンディに切り込む質問―弱点カバーでマイナスをプラスに転じる
第7章 どう答える?突っ込み質問―難問・珍問も狙いがわかれば恐くない
第8章 どう切り出す?会社への確認質問―聞きにくいことを聞くにはコツがある
付録 内定通知から入社まで―ときには必要な内定通知後の交渉



スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
メルマガ


転職メルマガはこちら
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo