週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

転職

会社辞めたいときってありますよね?

皆さんはどんなときですか?

私は、先日もう絶対やめてる〜と心の中で決意しました。

会社に対して不満がもうピークに来ました。

人生2度目の退職になるかも。

40歳を超えてからの転職はきついので、
今回は転職ではなく独立開業を目指しています。

なんか最近、仕事が超ハードで、
肉体的にも精神的にかなりキツイ。

基本的にがんばるタイプなので、
無理しすぎたかも。

軽いうつ状態ってこんな感じなんだろうな〜と
感じたりしています。

あなたを幸せにする財布


先日、ある取引先にお邪魔したら
新しい社員が入っていました。

聞くと、同業他社からの転職とのことでした。

円満退社でした?

とその人に聞くと、

「円満どころか、トラブルだらけでした」

と、かなり会社を辞めるのに苦労したみたいです。

小さな会社だったらしく、ワンマン社長が
辞めさせてくれず、嫌味をいわれたり、怒鳴られたり
ほんと大変だったみたいです。

私は表面上は円満退社だったので
まだ幸せな方みたいです。


入社3年以内の転職者が毎年増加傾向にあるみたいですね。

今朝の、めざましテレビで紹介していました。

確かに、昔の日本の企業と違って
終身雇用、永久就職など制度も変わって
会社に対しての忠誠心は以前より大きく
下がっていると思います。

私は入社7年目に退社しましたが、
新入社員の時から辞めることしか
考えていませんでしたからね。

ただ各企業もせっかく採用した社員を
辞めささないように研修とか独身寮など
色々工夫しているみたいです。

先日大学時代の仲間と久々に会いましたが、
10人中5人は転職していました(笑)

大手家電量販店⇒地元の行政機関
不動産業界⇒マンション販売
運送会社⇒住宅販売
スーパー⇒生命保険会社
保険会社⇒独立

など、皆それぞれ転職した後ちゃんと頑張っていました。

転職後は大変ですが、がんばるといいことはあるみたいですね。
転職先の人間関係について

転職して何よりも大変なのは人間関係です。
私は、転職して10年経過しているので、
社歴で言うと、自分より年下の社員も増えたので
だいぶ楽になりましたが、やはり社歴の長い年上の部下や
年下の上司などの関係は微妙です。

年齢差を意識し過ぎては、相手とギクシャクしてしまいます。
そんな状況下で、与えられた仕事にひたすら没頭してしまうなどして
近寄りがたいオーラを出しているとますます声をかけてくれないです。

しかしながら、思いとは裏腹に、仕事の打ち合わせなどきかっけがないと、
なかなか声をかけられないということになりがちです。
そうならないようにするには、仕事上の関係だけの上司と
部下ということだけを考えることです。

同じ会社で働くことになった以上、入社したその日から同僚達も仲間と
いう意識があるのですから、断ってくることはないはずです。

そういった状態も、通常は入社して3日経てば解消されるのですが、
1日でも早く同僚とうち解けたいと思うなら、
昼休みなど同僚たちが食事に出かける時や、仕事を終えて退社するときに、
「ご一緒してもいいですか」などと自分から声をかけてみるとよいでしょう。

そうなってしまうと、周りの誰もが自分に気をかけてくれないなどと、
被害妄想が膨らみ疎外感に陥ってしまうことになるでしょう。

今後は、転職先した場合、自分より年下の上司がいたり、
その逆に自分より年上の社員を部下として配属されるといったことが
当たり前になっていくでしょう。

しかしそうすると、今度は上下関係ばかりを意識しすぎて、
妙に卑屈になってしまうこともあるかもしれませんが・・・。

昼食を食べながら家族のことまたは、趣味など会話に交わることで、
すぐに受け入れてもらえるようなるでしょう。

仕事では、トシの差は割り切って対処しよう成果主義や
実力主義が世間に浸透するにつれて、役員も年齢や性別に関係することなく
能力次第で決まるようになってきています。

早く仲良くなりたいという気持ちは同僚も同じ新入社員を
迎える側の同僚は、新入社員のために緊張をほぐし、
解けやすい環境を作りたいと思っています。

ベンチャー企業では、創業時のメンバーとして自分より
年下の人が経営陣の一角を担っているということは多々あります。


転職先での人間関係について

私も転職して一番悩んだので人間関係です。

中途入社ということで、当然ながら昔から
知った人はいません。
ある意味一人ぼっちからのスタートとなります。

プロパー社員も、どれだけ仕事ができるか注目しています。

同僚との関係を言うならば、ライバルと考えるよりも、一緒に仕事する信頼できる仲間と考えるべきですから、まずは、自分から歩み寄り、彼らに自分から声をかけていくことが必要です。一人でもいいからうち解けて話しすることができるようになれば、あとはその人から、”友達の輪”を広げていけばいいのです。しかしながら、同僚のほとんどは新人の能力を試すような視線で見つめているのではなく、一日でも早く会社に慣れて、仲間となっていきたいと思っているのです。

机を自分と並べる同僚だとしても、「一体こいつはどんなヤツなんだろう」という探りの目で見られてしまうのは仕方がないことです。その後、何度か会話した人に昼休み中に食事に出るときなどのときに一緒に連れて行ってもらい、仕事から離れたところで話す機会を持てば、「どこに住んでいるのか」だとか、「家族は何人いるのか」、「何が趣味?」といった会話が自然に交わされることになります。そういうわけですので、もしも、会社に入社して何日も経過しているにも関わらず、周囲の視線が気になってしまうのならば、転職者自身が相手を近寄らせない雰囲気を作り出していると考えるべきです。

きっかけとしては、仕事で自分が分からないところを聞くといった形でもいいですから、積極的に自分から話しかけてみましょう。そのような視線ばかりに気をとられていると、居心地の悪さが更に増してしまします。

自分の事を探るような周囲の目が気になる会社に入社してしばらくの間は、自分はある意味異端者であるのです。しかし、わざわざ自分の方から声をかけて、嫌われたらといやだと心の中で思い、あなたに遠慮しているに過ぎません。


転職経験者の私ですが、ここ最近、
やはり中途入社は、中途入社なりの目で見られのかな
と思ってきました。

これから転職される方もよーく考えて転職先を選びましょう。

転職をあなたにとって成功させるためには、どんな点を注意していくべきかを
考えていきましょう。たとえば、言動に慎重さを欠けているところがあり、
仕事でミスをしたり、同僚間でトラブルを招いてしまうや、
積極性が足りないなどで周囲から評価されず、結果的に自分が求める仕事を
任せてもらえない、給料も変わらない、それが不平不満になっていく事も
あるのです。

その問題を整理することで浮かび上がってくることが、
あなたが転職を希望する目的であり、自分のチャンスへと変える行動の
指針となります。

転職というのは、自ら新しい環境の中に飛び込んで
いくという行為です。

そのためにも、転職先を選ぶに当たっては、
さまざまな視点からチェックすることが大切ですが、
会社や仕事への不満は、ときには自分自身が原因である場合に
起きていることがあります。

しかし転職先で前の会社同様な不満が発生するのでは、
その転職はあなたにとって成功したとはいえません。

転職した目的を再確認する転職は、現在あなたに置かれている状況よりも、
よりよい環境を自分で作っていくための手段でもあります。
そのことを弁えた上で、自分にとってその会社や仕事はなぜ不満を感じたのか、
自分の勤務態度や日頃の言動に問題点は何かを反省することから
始めるとよいでしょう。

転職を決断するというのは、会社の経営方針や仕事内容、
人間関係など何らかの不満があなたにあったのだと思います。

転職先での仕事環境や人間関係をうまく溶け込むことができていけば、
その転職はあなたにとって成功したといえます。

5月病の季節ですね。
ベテランのサラリーマンもこの時期は
会社行きたくない病になりませんか?
軽いうつ病になる方も多いと思います。

会社選びは、やりがいか賃金か?

転職も賃金をとるか時間をとるかが重要になってきます。

中高年の転職も重要です。

お金以外の転職者の声です。

お金よりも「時間」
<転職者の証言>
「仕事も遊びも楽しんでする、という会社の社風で、年間休日は130日以上あるんです。
休みをきちんととることができるので、自分の趣味の魚釣りにも行く事ができます。
海を見ると癒されるので、休日にリフレッシュする時間がもてると、来週も仕事を頑張ろうと思えてきます。
なので、月曜日の朝から元気に働いてますよ。
あと、会社には、誕生日休暇の制度もあるんです。
こういうのを見ると社員をとても大切にする会社だと感じ、ずっとこの会社で働きたい」

お金よりも「マイペース」
<転職者の証言>
「フレックスタイム制で直行直帰しても大丈夫なんです。
夜遅くまで働いた翌日は昼まで寝ることもできるし、仕事を早く片付ければ早く帰ることもできます。
自分のやる気が出ない時はやる気が出るまでお休みをする。
自己管理力がとても必要になりますが、会社に縛られているという感覚がないのでいいですね。
会社の考え方の『社員を信頼して任せる』というのが大変気に入っています」

お金よりも「仲間」
<転職者の証言>
「1日の大半を会社で過ごします。
気の合う仲間に囲まれ働いていれば、ストレスがなく働きやすいです。」
「同じことがおもしろいと感じ、同じことで感動できる。
そんな仲間同士で働ける事はとても楽しいことだと、毎日実感してしまいます。
目指す方向が同じ人で働くと、自分の気持ちも前向きになります。」
「会社で共に働くメンバーは、志が一緒でも、各々の持ち味が違う。
お互いを刺激しあう事で、切磋琢磨ができます。
個性豊かなメンバーで意見を出しあう風土は、私自身が実力以上のものが出せると感じます」


転職の失敗について

転職で失敗するとかなりへこみます。

私は、転職で成功した部類ですが失敗した方も多いと思います。

特に中高年40歳台、50歳台からの転職は失敗すると
あとが大変なので注意が必要です。

自分はどのような働き方をしたいと思っているのか。

仕事とは、自分にとって何なのか。

しかしなから、なまじ社会経験があるために、自分の持っている知識や
イメージが先行してしまい、せっかくある情報を生かすことができないまま、
転職先を選んでしてしまっているのではないでしょうか。

今、働いている会社を退社して新しい会社に就職する、
あるいは新しい仕事を始めてみる----。

このような失敗の理由の1つには、転職先の仕事や会社に関する情報収集や
研究が不足していたためです。

転職の理由としては、会社の経営方針や給与の額などの勤務条件
からくる不満という人は少なくありませんが、
それと割合が同じくらいで多いのが、「仕事にやりがいを持てない」や
「自分の能力を十分に発揮できない」、
「自分の適性や専門性を生かせない」など、仕事と自分の能力や適性や
志向との相違間です。

将来的に自分はどうありたいと思うのかなど、自分と仕事との関わりについて、
はっきりと指針を持つことができれば、自分のある能力とかけ
離れた仕事を目指してしまったり、志向が合わない仕事に
就いてしまったりすることはないはずです。

どのような理由であっても、新しい会社で勤務し、新しい仕事に
就くことにより、それまでの自分の不満足だった部分が
解消されればいいのですが、現実では、再就職を果たしたが、
転職先で前の会社同様な悩みを抱き、また同じ理由によって
転職してしまう人は少なくありません。

自分にはどのような能力がどのくらい備わっているのか。

転職を失敗するもう1つの理由は、自分自身の分析で自分自身を
見つめ直すことをしていないことが挙げられます。

会社の経営方針や給与体系などは、求人情報やインターネットの
ホームページ上の会社案内などから比較的簡単に情報を
入手することができますし、分からない点は面接時に確認することもできます。

転職活動は、とくに若い人は、就職活動の記憶が鮮明なだけに
要注意と言えるでしょう。

現在は大手企業に勤めているからといって安心することはできません。

以前は、企業規模などで安定性や将来性を判断することができ、
長く勤めていけば収入も右肩上がりで増加していきました。

転職は新卒時の就職活動とどう違うのでしょうか?。
人生を楽しく過ごせている人こそ、本当の意味で「勝ち組」であると
いえるのではないでしょうか。

「勝ち組」や「負け組」なんて言われていますが、
高収入やステイタスを得ている人が必ずしも「勝ち」なわけではないはずです。

それぞれの指標をもとに探ることにしましょう。

そんな環境の中で、人が企業を選ぶ基準が多様になってきているようです。

転職活動では、ちょっとしたカン違いや思い込みが、
成功と失敗の分かれ道になりがちです。

「仕事はさほど楽しくはないけれど、給与が上がる」
「給与は下がるけど、仕事は楽しい」

……さて、あなたが転職するとしたら、どちらを選ぼうと思いますか?

近年は、給与・待遇面以外の要素を重視し、転職する人が増加しています。

転職関連の本やマニュアルのノウハウを上手に生かすためにも、
中途採用の実情をふまえた“心得”をマスターしてください。

会社選びから内定後の初出勤まで、慎重に行動した方がベターです。

だからといって、「今の状況からとにかく逃げたい」からといって
次の転職先を探してみても、自分が満足する転職につながりにくいようです。

また、同じ会社に在籍し続けても、成果主義の評価制度に変わってきたため、
収入格差が生まれてしまう時代です。

転職を考えるのは、会社に何らかの「不満」がある場合がほとんどです。
自分は仕事で「どんなことで満足を感じることが出来るのか」を探ります。

自分自身にとっては、仕事で収入面以外で得られる「幸せ」や「満足」とは何か。

これまで自分が経験してきた仕事で「どんな所が楽しいと感じたか」を思い出し、
自分の目の前の仕事を「どう変えれば自分は幸せになれるのか」を
考えてみてはどうでしょうか。

転職先に関していえば不動産や外資の保険関係が転職した後も
なじみやすいみたいです。

大手不動産の大京から、多くの方が独立して会社をつくっています。
アーバンコーポレイションなどの新しい会社への転職は
老舗系の会社よりは転職後もいいのではないでしょうか?
またプルデンシャル生命保険やソニー生命なども
転職先として人気でしたね。
転職面接について

私は転職の面接経験がありますが、転職採用試験において
面接はかなり重要になっています。

第二新卒、40代からの転職に関わらず、面接での採用不採用は、
質問力によって分かれます。

近年では、何度かにわたり面接力アップセミナーを大手人材派遣会社が、
開催しています。

面接の最後に必ず質問されるのが「何か質問はありますか?」です。

ここで、優秀な人であれば、その質問は適切であり的確であると痛感しました。
今回取り上げるのは、転職時の面接で受かる特徴や質問をする受験者です。

【転職時の面接前に質問を頭の中で約10個考えていく】
とはいえ、面接で突然、気の利いた質問をするのは、とても難しいことです。
面接前にその会社に対しての質問を10個くらい考えて行くのがベストでしょう。
考えた10個の質問をメモにとって面接会場にもって行きます。
面接の質問時にメモをみて行っても、マイナスになることはありません。
しかし、これは質問時においてだけなので、志望動機や自己PRをする時にメモを見て話すのは御法度です。

【転職時の面接中に好感を持てた内容に対しては、追求した質問をする】
面接で約30分間お互いで話を進めれば必ず興味がある内容があるはずです。
その自分が興味を持った点をより知りたいので、その内容を具体的に教わりたいといったかたちで、質問を追求しましょう。
英文法で学習した5W1Hは質問する時に大変役に立ちます。
なぜ? どのように? などを使って質問をしてみましょう。

【転職面接時にはHPで書いてある初歩的なことを絶対に聞かない】
会社のHPで書いてある、売り上げや社員数、どんなサービスをしているのか?
 などは、前日までに必ず目を通すべきです。
会社のHPに掲載されている内容に目を通さずに面接で質問をすることは、
相手に大変失礼です。
しかしながら、HPに書いてある内容をより知りたいといい質問をする事は
大変良いことです。


スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
メルマガ


転職メルマガはこちら
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo