週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

転職 体験談

大河ドラマの平清盛がはじまりましたね。

清盛も色々苦労してあそこまでのし上がってきたんですね。



私の大好きな矢沢永吉様にも通じるものがある気がします。

さて、この転職ブログを立ち上げてもう4,5年が
経過しようとしていますね。

私は、30歳で流通業界を辞めて
クリエイティブ系の会社に転職しました。

今思うと30歳という年齢はちょうど転職には
適している年齢だったかなと思います。

これが40歳や50歳の中高年になると
組織になかなかなじめなくなりますからね。

ちなみに、私は、転職者ながら
部長に昇進しました。

郷に入れば郷に従いで、
謙虚に一生懸命やったのが良かっただと思います。

学歴的には、地方の3流大学です。

でも、早稲田大学や慶応大学のエリートたちと
負けないぐらい努力した結果かな。

バカはバカなりに、人の3倍働くをテーマに
やって来たのがいいと思います。

転職を考えている皆さん、将来どうなるか自分自身で
決まります。

あきらめずに頑張りましょう。

世の中の会社は、初々しい新入社員が入社しましたね。

先日も、取引先の会社の新入社員が挨拶にきて
妙にこちらも緊張しました。

名刺の渡し方などもうコチコチですからね。

不景気の中の新入社員ですから、優秀な人が多い?

ただ、入社後1ヶ月すると会社組織の矛盾などを
感じて会社を辞めたくなる方も増えてきます。

わたしもそうでしたらからね(笑)

4月には既に転職先を探していた新入社員でした(^^;

先日、ある飲み屋に行ったら、以前勤めていた
会社の知人が偶然いました。

外資系の保険会社に転職していました。

結構いい年収みたいでした。

スーツやかばん、靴が高級そうでしたから。


転職を考えている方身近にいます?

お金儲け

私の回りは転職経験者、転職予備軍がたくさんいます。

今の世の中転職先はいくらもであるので、
ネット上だけでも色々情報は入ると思います。

ただ、生の本当の情報を知らないと
再就職後、こんなはずじゃなかったと
後悔するのでよーく調べておきましょう。


転職して10年が経過し、慣れない営業職で毎日やる気がでない今日この頃。

事務系やクリエイティブ系の人は営業職に人事異動になるとかなりの方が辞めたくなるみたいですね。

もちろん私もです(>_<)

営業に変わって昼どきに車で公園などに行って弁当を食べる事が増えました。

車内で弁当を食べる方結構多いですね。

だいたい作業着姿の社用車が多いです。

工務店、運送業系などなど。学生時代はスーツを着る仕事でバリバリ頑張るのがカッコイイと思っていましたが、40歳も半ばになるとしがらみがなく一人でする仕事がいいと思い出しました。

中高年の転職は大変なのでもう転職することはないと思いますが。
転職先での人間関係について

私は転職した時にとにかく最初に苦労したのは
人間関係です。はっきり言って、よほどの事がない限り
転職先の人は全員知らない人ばかりです。

入社当初では、中途入社の同期や、席がたまたま隣り合わせになった同僚が
まず仲良くなると思います。

まず一緒に仕事をする人と話す機会が多くなり、そこから、だんだん
仲良くなってきます。

そして、転職先の社員と仲の良い何人かで酒を飲みに行ければ
そこから人間関係ができて個人的な付き合いも始まっていくものなのです。

ちなみに私は、新しい会社に慣れるのに半年はかかりました。

ただ注意しておくべき点は、入社して随分時間が経過しても
中途入社の同期を中心に付き合ったり、一部の数人としか付き合わないでいると、
他の社員から敬遠され、ちょっと浮いてしまい、
人間関係の広がりがなくなってしまいます。

また、酒の席では、その場にいない同僚や上司などのうわさ話や、
ときには非難の声が出たりします。
ここで注意が必要です。

決して以前勤務していた会社と比べたり、
「前の会社はこうだった・・・」などをうかつに
話さない方がいいです。

やはり新入社員から永年勤めている人は、顔には出しませんが、
中途入社の人間は外様のイメージを持っています。

特に、保守本流の日本型企業は、あくまでも謙虚にしておいた方がベターです。
ただ、IT系やマンション、不動産関連企業など中途採用の人間が多い会社は
最初からフランクでいいと思います。

同じ職場でも、気の合う人と合わない人がどうしても出てきます。
会社の全員と仲良くする必要もありませんが、
変な先入観に惑わされることがないよう、しばらくはどこでも
いい顔をした方がベターです。

入社早々は自分にあまり仕事はありませんが、
年齢的には社会人ですから率先して仕事する姿勢を
見せた方がいいです。

どうしても、「あの中途入社は・・・」とか「転職組は・・・」などと
心の中で思われていると思ってください。

上司にしてみれば、人事担当者から転職者の情報をある程度得ていても、
その力量がどれほどなのかわからないうちは本格的な仕事を
指示することはできないと思います。

だからといって、同僚の忙しくしているのを見て見ぬふりをして、
終業時間になればさっさと帰るというのでは、
「気が利かない」と思われて仕方がありません。

自分の仕事が片づき、手が空いたのなら、上司に指示される前に、
「何かお手伝いすることはありませんか」と自分から進んで声をかけましょう。

もしそれが残業になったとしても嫌がらずに手伝いましょう。
もし、手伝えることがなく、先に帰ることを許される状況だったとしても、
「お先に失礼します」とあいさつはしましょう。

そんな気配りができるかどうかで、あなたのその後の
人間関係が決まるといっても過言ではありません。

ただあくまでも慣れるまでの間ですから
1年、2年経てば自分らしさをガンガン出して
バリバリ仕事しても大丈夫と思います。
転職体験談

転職体験談関連の情報は、ニュースや個人ブログ、
転職サイトなどで色々紹介されています。
転職体験談関連情報自分で探すのは面倒〜という方
色々お役立ち情報集めています。
今回の情報はこちら!(^^)



多謝
ただ、一方でこの転職話。喜んでもいられない状態に現在陥っております。というのも、そろそろまた例のごとく、転職体験談のストックが枯渇してきておりまして…。 「しょーがねぇから協力してやるぜ!」と有り難いことを言ってくださるそこのアナタ! ...(続きを読む)


転職と再就職と派遣について
転職というのは自分が本当に本気で取り組みたいと思う仕事を見つける旅ともいえそうですね。転職本や雑誌の記事を見ると、給与をはじめ、その会社のさまざまな情報や、履歴書の書き方、手続きや面接での心得、成功者の体験談などがこと細かに紹介されてい ...(続きを読む)


面接FAQ: Tech総研「転職体験談」の取材を受けました
Tech総研さんの「転職体験談」の取材を受けることになりまして、 それが、 あらためて私の面接のやりかたを振り返るきっかけになったのでした。 「転職体験談」というのは、 「転職を果たしたエンジニアと面接官が当時を再現」する連載企画で、 「応募者 ...(続きを読む)





消費者金融 ブラック

転職は決意してから実行に移すまで大変です。

<私の転職体験談その 

私が大学を卒業して就職したのは
まだバブルの頃、1988年。
その頃超売り手市場だったみたいです。

だったみたいというのは、私はほとんど就職活動を
していなかったからです(笑)

会社から内定が出て、研修に入ってすぐ転職を決意しました!
とっても早い転職決意でしょ。

転職を決意した理由は、
]働条件が無茶苦茶。
 (休みなし、低賃金)
△覆鵑箸覆ダメな会社と思った
などなど。

普通、ちゃんと就職活動しておけば
当然事前に分かる話ですが、なんとなく
会社が大きくてカッコ良かったので
入社しちゃいました。

で、新入社員の4月から、当時の転職雑誌ビーイングを
毎週のように購入していました。

あっ、ちなみに内定していたのに、入社前に既に
転職?活動もして何社が受けました。

で、某会社の契約社員で内定が出そうだったのですが、
そこの人事部の方が、

「今、内定が出ている会社の方が安定していていい会社だから
 そちらがいいよ。こっちは契約だから」

転職しないほうがいいとアドバイスされました。

その人事担当者は、すばらしいです。今思ってもたいした方です。

ちなみにその会社は、その後すごい業績を伸ばしました。

一方、私が入った会社は、確かに入社後は躍進しましたが、
数年後超業績不振になりました。

話を戻しますが、その当時の転職雑誌は景気もいいので
様々な会社が転職者を募集していました。

私は新入社員のくせに毎週、転職雑誌をチェックして
いましたが、気に入る転職先はなかなか見つかりませんでした。

労働条件や、賃金面は当時勤務していた会社より
いいところはかなりありましたが、
若かったことものあり、世間体やメジャーな会社でないと
転職したくなかったので転職はすぐにはしませんでした。

でもあの当時、転職雑誌を定期的に読んで
様々な会社の条件を見て学んだのは
大きかったと思います。

転職は簡単に決めることはできませんからね。

で、しばらく転職活動はせずに、
転職情報だけはチェックするようにしました。

         つづく

転職@転職求人 転職サイトTOPページ

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
メルマガ


転職メルマガはこちら
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo