週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

転職 回数

転職する際に、転職の回数が気になると思います。

転職回数が多いと、中途採用で不利になるかも・・・
と思う方も多いのでないでしょうか?

では、転職した回数は少ないほうがいいのでしょうかといえば、
ここ最近では必ずしもそうとは限らないようです。

新興系の成長企業やIT企業系では、転職の基準が比較的ゆるやかで、
転職が多い会社なのでそれほど気にされることはありません。

転職をした回数よりも、その人のこれまで勤務してきた会社、
職務経歴や実績、ビジネススキル等で判断する場合が多いみたいです。

採用側の職種によっても違いますが、IT系、特にSEの職種。
それに今中途採用での人材不足気味の薬剤師などは人気で、
現在需要(企業側)が大変に高い割りには、供給(転職者)は少ないので、
転職回数の多い少ないはあまり関係ない、
採用される場合が多いように感じます。

40代以降の転職でしたら、その人の職務経歴やヘッドハンティングなどが
あるので転職回数が例えば5〜6回としても、
多いとは思われないように感じます。
しかし、20代で5〜6回の転職ですと、
人間性や組織人として問題があるのではと思われます可能性があります。

転職回数5回だと問題でしょうか!?

現在あなたが、数回転職をしていたのなら、どうすればよいのでしょう。

人事担当者の考え方としては、少なくともこの会社で長く続くだろうか?
という不安になってきます。

不安にさせないために、転職理由としてちゃんとした理由があったり、
その会社でいかに役に立つことができるかなど仕事のスキルで
十分なアピールを行えば転職回数のマイナスを回避する
事ができるかもしれません。

もし、転職することになったら、仕事はとにかく完璧にでき、
会社に貢献すると言うことをアピールすることが
大切でしょう。

従って、「自分を採用することでのメリットと、
安全性(今回の転職では、長期でしっかり働くという決意をしている旨」を
十分に伝えることが必要になると思います。

人間というのは、そもそもが「一貫性」のある人を重視する
傾向にあるのもその要素のひとつかもしれません。

従って転職する時に限りますが、業界も職種も変更する場合は、
十分に考えて結論を出すのが必要かと思われます。


転職 回数について

転職回数は人によっていろいろあると思いますが、
やはり生活の基盤となる収入アップのために
回数を重ねる転職が多いようです。

しかし、転職の回数の多い方は実際にはひとつの
理由だけではなく、多くの理由が重なって何回も
転職に踏み切るケースがほとんどを占めているのでは
ないでしょうか。

転職回数が理由としては、
「上司との人間関係がうまくいかない」

「今の仕事にやりがいがない」

など、不満に触発される転職が多いようです。

この為、何回も転職して、回数が増えるみたいです。

ただ、現在の仕事に対する不満ばかりを抱いて
転職回数ばかり増えて、失敗することが多いと言われています。
転職後にその不満が必ず解消されるとはかぎらず、
同じ様な問題に直面して転職を繰り返す可能性が高くなるからです。

逆に「新たな仕事にチャレンジしたい」、
「今までのキャリアを生かしてさらにステップアップしたい」などの
前向きな理由による転職は、それなりの心構えや準備、
あるいは希望先の業種や企業の研究を十分に行うことが普通であり、
成功する確率が高くなります。

転職の回数が増えると、履歴書で目立つのでの
あまり転職しすぎるのも人事担当者からみると
マイナスポイントになるおそれがあります、

ただ、外資系企業などでよくあるヘッドハンティングによる
転職であれば、何回でも、転職回数が多くても
逆に価値がある転職ですので、逆にポイントが高いと思います。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
メルマガ


転職メルマガはこちら
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo