週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

ヘッドハンティング 会社

ヘッドハンティング 会社への転職について

ここ最近ヘッドハンティングによる転職がああります。
別の会社から、ヘッドハンティングされた事はありますか?

私の弟が不動産関連の会社ですが、ヘッドハンティングで
転職しました。

求人広告などはここ最近、スカウトメールと言うのが流行していて、
ヘッドハンティングまでとはいかなくても、
自分にあった転職先への求人募集の情報などの
連絡が入ることもあります。

また、私の弟のように、企業の担当者ヘッドハンターから
本当にアプローチ来て、「こちらの会社に来ないか」と
口説かれた経験がある人は、意外と少ないと思います。
ヘッドハンティングをされる人とは、どのような人なのでしょう。

ヘッドハンターにはどんな方に目をつけるのでしょう?

多くの会社からうちにこないかと声がかかる人の特徴は何か?
多くの会社からスカウトさせる市場価値の高い人材には特徴があります。

詳しく見ていきましょう。
■企業の求人倍率が高く、希少性の高い職種についている人
どんな職種かと言うと、システムエンジニアや経理または、
財務、法務、人事などの専門職をしている方が該当します。
人材の人数が少なく、売り手の個人がやや強い立場であるといえる職種です。
■同じ年齢のなかでパフォーマンスレベルの高い人
例えば、年齢が28歳だとした場合、同じ28歳でも、
実績はかなりの差があるものです。
他の人よりも実績が明らかに秀でている人は噂も広まりやすく、声がかかりやすくなるものです。
■情報を発信している人
意外なことかもしれませんが、ビジネス雑誌で登場している人。
そういう人はスカウトの電話がどんどんくる可能性が高いのです。

また、近年ではブログによって有益な情報を発信している人に
スカウトがかかる場合も増加しています。
情報を発信している事はひとつの重要な要素であるといえるでしょう。

いろいろありますが、
私の弟の場合は、上司が別の会社を設立し、
能力があると思う部下をヘッドハンティングしました。
まあある意味、引き抜きみたいな形です。

IT業界や不動産関連の会社にはこうした
ヘッドハンティングは多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
メルマガ


転職メルマガはこちら
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo