週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

年収

民主党政権になりましたが、
何か変わりました?

私の回りは変わっていませんです

さて、冬のボーナスはまだですが、
主要企業の夏のボーナスランキング気になりますよね。

2009年の業種別夏季賞与

主なところを紹介します。

<食料品>
JT 105万円、キリンホールディングス 101万円
アサヒビール 100万円、キッコーマン89万円。

<繊維製品>
山陽商会 78万円 帝人64万円
オンワードホールディングス 59万円

<化学>
小林製薬 90万円、富士フィルムホールディングス87万円
信越化学工業 83万円、マンダム78万円

<パルプ・紙>
レンゴー 74万円、日本製紙グループ 70万円
北越製紙 70万円、王子製紙 68万円

<医薬品>
武田薬品工業 117万円、第一三共 93万円
エスエス製薬 87万円、エーザイ 86万円

<ガラス・土石製品>
旭硝子 80万円、ノリタケカンパニーリミテド 69万円
黒崎播磨 57万円

<鉄鋼>
ジェイエフイーホールディングス 110万円
住友金属工業 99万円、新日本製鐵 82万円

<機械>
クボタ 86万円、三菱重工業 85万円、コマツ85万円

<電気機器>
山武 109万円、ジーエスユアサコーポレーション 89万円
キャノン 85万円

<輸送機器>
トヨタ自動車 93万円、ホンダ91万円、デンソー88万円

<その他製品>
任天堂 169万円、図書印刷 56万円

<陸運>
東日本旅客鉄道 96万円、東海旅客鉄道 93万円
西日本旅客鉄道 87万円、九州旅客鉄道 81万円

<空運>
全日本空輸 39万円、日本航空 32万円

<情報・通信>
東京新聞 125万円、日刊スポーツ新聞 117万円
朝日新聞社 116万円、共同通信社 113万円
北海道新聞社 112万円、NTTドコモ 94万円

いやあ、思った以上にたくさんボーナス貰っている
会社や思ったより少ない会社ってあるんですね。

ボーナスで100万円超えたらほんと嬉しいですよね。

転職にかかせない年収チェック。

推定年収ランキングです。(週刊ダイヤモンド参照)

1位 プロ野球選手 3631万円
2位 Jリーガー   2993万円
3位 騎手     2496万円

高年収ベスト3 でも思ったより少ないですね。
まあ、億稼ぐ人もいれば400万円程度人もいるから
こんなもんですかね。

続いて、
4位 国会議員   2193万円
5位 競艇選手   1680万円
6位 プロゴルファー1406万円
7位 県議会議員  1400万円
8位 パイロット  1238万円
9位 勤務医    1160万円
10位競輪選手   1145万円
11位大学教授   1122万円
12位大学准教授   872万円
13位社会保険労務士 855万円
14位弁護士     801万円
15位市会議員    799万円
16位公認会計士税理士791万円
17位記者      772万円
18位大学講師    754万円
19位歯科医師    738万円
20位高校学校教員私立724万円


歯科医師が以外と少ない年収にちょっとびっくり。
弁護士より社会保険労務士の方が上というのも
ちょっと意外でした。

ちなみに、97位の林業 29万円
     96位の農家 120万円

とっても少ない平均年収です。


サラリーマンの平均年収って結構気になります。

でも、その時代はよくてもリーマンブラザーズや
アーバンコーポレーションのように、
会社が倒産する時代なので、平均年収だけを見て
転職活動するのは、非常に危険ですね。

それよりも最近、無税入門という本を読んで
収入をUPさせるより節税する方がいいのではと
思い始めました。

「無税」入門―私の「無税人生」を完全公開しよう

この本と読むと目からウロコです。

実際人にできるできないは別にして
読んで損はない本でした。

転職するなら、個人事業主としての副業ができて、
確定申告しても問題にならない会社を選ぶのも
これからの時代の生き方のような気もします。

年収、月収まだまだ下がる気がします。

世界経済、日本経済、どん底ですね。

自分の生活は自分で守りましょう。


株価がまたまた大変なことになっています。

週明け27日の東京株式市場で、日経平均株価が
取引開始直後に前週末終値比80円72銭安の7568円36銭。

なんと、2003年4月28日に記録したバブル崩壊後の
最安値(7607円88銭、終値)を5年6か月ぶりに
更新してしまいました。

これはかなり深刻な問題じゃないでしょうかね?

また景気が悪くなって雇用状態も悪くなりそう。

さらに、輸出関連企業も、円高のため、収益がかなり
悪化するでしょうから、この冬のボーナスは
軒並み大幅下落になるのでは?

うちの会社大丈夫かな・・・・。


月収って他の人がいくらもらっているのか
気になりますよね?

実際、業種や職種、年齢によって全然違います。

また、月収だけみて多い少ないと判断するのは
危険です。

ボーナスや福利厚生もあわせて年収でいくら
もらえるかを考える方が安心です。


お盆のふるさとに帰省したとき、
偶然同級生に会いました。

彼は数年前にあった同窓会には参加していなかったので、
ほんと20年ぶりぐらいの再開です。

「元気〜?」と普通の会話をしていたら

「また同窓会があったら今度は行くから。
 俺頑張っているから。
 儲かってるし、年収も1000万はあるし。」

といきなり年収の話を。

なぜ、彼が年収話を急にしたのか分かりませんが、
自分を誇示したかったんでしょうかね?

私は、彼が何の仕事をしているのか
知らなかったので、一瞬、アムウェイかなにかの
怪しいネットワークビジネスか、
株かFXで大儲けしているのかと思いました。

で、何の仕事?って聞くと

車のディーラーでした。

社長でもなく、雇われ社員とのこと。

車のディーラーってそんなに儲かるんですかね?

まっ、彼が年収1000万円あろうがなかろうが
関係ないですけど(笑)

男の価値は、職種か年収なんですかね?

ちょっと複雑なお盆の帰省話でした。
スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
メルマガ


転職メルマガはこちら
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo