週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法 [ 堀口博行 ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収1000万円を超える人の共通点 [ 田中和彦 ]

就職 資格

一時期就職や、転職の為の資格取得が大ブームなりましたよね。

私も転職する前は社会保険労務士の資格を取ろうと
通信教育に申し込んだり、転職後も、気象予報士の資格を
取ろうと、これまた通信教育にお金を使いました。

でも、やはり続きませんでしたね。

最近はどうなんでしょう?

受講者数でいうと公認会計士や税理士は増えているみたいですが、
不動産や金融関係は落ち込んでいます。

こういう不景気な時代だと公務員がやはり人気ですね。

簿記検定の1級、公認会計士、税理士、社会保険労務士、
中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、
行政書士、証券アナリスト、不動産鑑定士、
宅地建物取引主任者の順に人気なっているようです。

この中で高年収が期待できるのが、公認会計士です。
年収は600万円〜4000万円。
税理士は300万円〜3000万円。
中小企業診断士は1000万円〜
不動産鑑定士は1200万円ぐらいみたいです。

いずれにしてもちゃんと学習期間がないと合格しないので、
勉強時間の確保が必要です。

がんばって資格とります?

証券アナリストの資格で転職活動について

今、金融不況で証券会社も厳しい状況です。

しかし、基本的に年収がたかい職種なので、
転職を考えている方には、証券アナリストは人気です。

証券会社や信託銀行などに就職や転職して活躍できます。
証券アナリストという資格を持っているという事は、
難易度の高い証券投資のプロフェッショナルですからね。


証券アナリストの資格を取得する方法です。


まず、1次レベルでは主催する日本証券アナリスト協会の
通信講座を受講し「経済」「財務分析」
「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」の
3科目について学習した上で1次試験。

その修了認定を受けると検定会員補として登録可能。

次に2次レベルでは、1次の3科目に加えて
「職業論理・行為基準」について通信講座で学習してから
2次試験となります。

2次試験に合格後、証券分析業務に3年以上携わると、
検定会員として認定されます。


勉強法ですが、証券アナリスト資格の認定制度は、
このように通信教育から試験、実務経験までつながっており、
社会からの信用性を重視したシステムです。

さあ、がんばってやってみます?





ここ最近、世界的な不況の中、
日本でもリストラが進んでいます。

特に派遣社員や期間社員の方はかなり人減らしとなっています。

女性もますます転職、就職がしにくい時代ですね。

やはり安定した賃金が欲しいものです。

そんな方は資格をとっておくと転職に有利です。

気になるのは年収。

オススメは司法書士。独立開業後3年経過でおよそ1300万円。
税理士と公認会計士は資格取得後3年でおよそ1000万円という
予測となっています。

これらの資格は女性にも向いているので、
頑張って勉強して資格取得するのがいいですね。

でも難関ですけど。

あと、女性に人気の転職に有利な資格は、
パソコン技術関係や語学関係ですね。

これらは、つぶしがきくのでいいでと思います。

転職や独立を考えている方に人気の資格に、
「社会保険労務士」があります。


私の友人は、会社が倒産したため、資格を取得しようと
思っています。

その資格のひとつに「社会保険労務士」がありました。

社会人や転職をしたい方に人気の社会保険労務士ですが、
合格率は約1割弱というかなり難しい試験です。

私も、以前通信教教育で勉強していましたが、
挫折しました(^^;

社会保険労務士はどんな仕事かといいますと、
企業内での労働保険・社会保険関係の書類作成と提出の事務を行ない、
個人や企業の事業主から依頼を受けて開業社会保険労務士として働く、
などがあります。


また、中小企業などを顧問先として年金や保険に関するさまざまな相談や
アドバイスを事業主に行なう業務もあります。

営業活動も必要となるので、独立開業する場合は、
それなりの人脈も必要かと思います。


転職や独立開業を考えている男性だけでなく女性にも
適している資格です。

実際、社労士の試験合格者のうち3割ほどを女性。
難しい国家資格の中では女性の取得者が
結構多いです。



篤姫見ました?

小松帯刀が篤姫に昔言えなかった愛の告白?しましたね。

前置きはこれくらいにして・・・

転職、独立開業で人気の資格について紹介しています。

昔から人気の資格のひとつに行政書士があります。
実際、良く聞く資格ですが、実際どんな仕事かご存知ですか?

行政書士の業務を簡単にまとめると

・官公署に提出する書類、権利義務にかんする書類、事実証明に関する書類の作成
・官公署への提出手続きの代理、契約書類などの代理人としての作成、相談業務

などが大きな仕事です。

具体的には、営業許可申請書や建設業許可申請書などを作成し、
提出の手続きの代理を行なうことも含まれます。

また、申請書の作成だけでなく、手続きの中で必要となってくる
添付書類を集め、要件のチェックなども行なう必要があります。


とくかく様々な書類などの作成が仕事ですね。

ちなみに、ここ最近、行政関連での許可事項の数が増えて、
窓口手続きもより複雑化してきているため、
書類作成のプロである行政書士の役割がかなり増えています。


行政書士は一度資格を取得をしておけば、
一生有効な資格なので、いつでも開業できます。
ちなみに企業に就職した場合、企業内で行政書士としての
仕事はできないのでご注意を。




スポンサードリンク
<スポンサードリンク>
転職オススメ本
Recent Comments
  • seo